1. 初心者デリヘル遊びのすすめ TOP /
  2. デリヘルのピンポン感染事情 /
  3. 危険行為から何日後に性病検査は受けるべき? /
  4. HIV感染不安とは? /
  5. デリヘル嬢はどの位の頻度で性病検査をする? /
  6. キスでも感染する性病はあるの? /
  7. 高級デリヘルで性病罹患が少ない理由 /
  8. 生フェラで感染する性病とは? /
  9. 鼻が落ちる?梅毒の症状と感染経路 /
  10. 風俗感染者多数!梅毒の症状と感染防止法 /
  11. コンドーム着用でも100%性病は防げない?! /
  12. HIVの重複感染を防ぐ為にできること /
  13. コロナウイルスとデリヘルの関係性/
  14. デリヘルで性病はうつるの?/
  15. 性病はどうやったら防げるの? /
  16. 性病の種類と症状について /

防ごう!知っておきたい性病の知識

風俗やデリヘルで色々な不安があるけど、一番足踏みしてしまう原因は『性病』。 風俗に性病はつきものなんていうけど、できればかかりたくないものですよね。

初心者デリヘル遊びのすすめでは、性病の種類やデリヘルと性病の関連性など、正しい性病の知識を紹介しています。 安心してデリヘル遊びをするためにも必要な知識ばかりです。

デリヘル呼び方マニュアルサイト

デリヘルの呼び方ならココ!デリヘル体験談からデリヘル嬢の本音インタビューまで、デリヘルのすべてがココにあり。

デリヘルは全然難しくない!詳しくはココから↓

最強!デリヘル呼び方マニュアル

生フェラで性病感染する理由

「おしっこをしていたら激痛が走った。」
「扁桃腺が腫れてきた。」
「ペニスがなんだかむず痒い……。」

皆さんも一度は下半身の違和感を感じたことはあるはずです。要するに知らぬ間に性病に感染してしまったという闇歴史。

デリヘル遊びに夢中になると、ついついハメを外してしまいがち。本番をしないから大丈夫!なんて根拠のない自信はまず捨て去って、安心してデリヘルプレイを楽しむ為にもしっかり性病の知識を構築していくことが大切になります。

まず皆さんにお伝えしたいこと、それはデリヘルプレイの看板、主力プレイである生フェラ。このカジュアルなプレイが性病罹患の命取りになるということ。

ここで性病感染の経路を復習してみましょう。まず血液、精液、膣分泌液などの体液を媒体に性病は感染します。

そして今回大テーマにしている生フェラを通じての性病感染経路は、男性のペニスから女性の喉、女性の喉から男性のペニスへ。この連鎖が生フェラで性病に感染するカラクリになります。

「本番出来ないんだし、フェラチオくらい生がいい!」となるのは承知。しかしながらデリヘルのような不特定多数の男性が随時ドアをノックする人気性風俗業種において、コンドームをしなかっただけで簡単に性病に感染してしまうのです。

この性病には要注意!生フェラ由来の性病まとめ

特定のパートナーとステディーなセックスをするならば、必ずしもフェラチオ時にコンドームが必要とは限りません。

しかしくどいようですが、デリヘルのような日本で一番利用率が高い性風俗店で働くデリヘル嬢が、月に何十本のペニスを咥え込んでいるのかを考えるとそのリスク要因の高さが分かると思います。

さてここでは本題になるべく、生フェラで感染する可能性が非常に高い性病についてをまとめていきましょう。

淋病 自覚症状が男性の場合は比較的強く、尿道炎が主な症状です。排尿時の強い痛みや黄色い膿が生じる場合が少なくありません。通常抗菌薬を用いて治療が行われます。
クラミジア 行為後数週間で排尿時に違和感を感じます。主な症状は尿道炎、精巣上体炎になりますが、他の性病と比べて自覚症状が強いので初期に発見できることがほとんど。治療は抗生物質の服用を通して行われます。
梅毒 梅毒トレポネーマによって感染する性病です。女性の口唇や口腔内に梅毒の病変が確認されると、生フェラを通して感染することがあります。亀頭や包皮部位にシコリができ、その進行具合によっては神経などに影響を及ぼすことも……。通常抗生物質で治療をしますが、梅毒に一度でも感染すると抗体ができてしまい、検査で過去に梅毒に罹患した事実がバレてしまいます。
ヘルペス 口唇や亀頭などを中心に水疱や腫瘍ができ、非常に強い痛みを伴います。性器ヘルペスの場合は数日間の潜伏期間を経て、ペニス部位に水疱等が見られ痛みを感じます。抗ウイルス薬での治療をすることになりますが、傷跡が残ったり、再発も少なくありません。

上記で挙げた性病は生フェラでの感染確率が高い代表的なもの。しばし生フェラをされてHIVにも感染するのか?という心配をする方も多いのですが、通常女性の唾液を介してのHIV感染はほぼほぼあり得ません

しかしながら女性の口腔内に出血がある場合は、可能性としては低いものの生フェラでHIV感染をする可能性が残ります。

デリヘル利用時で心がけたいこと

デリヘルだけに限りませんが、セックスを含む全てのQOLを満たすには病気の可能性を極力排除する必要があります。

軽度の性病感染から梅毒、HIVなどの重複感染を防ぐ為にもまずはコンドーム使用を徹底する事が大切です。

ふと気を抜いた際にデリヘル嬢がパクっ、ペロリンコ!なんて不意打ちを食らわぬように、プレイ前にフェラチオは最初から最後まで使うスタンスを示すことも忘れないでください。

たかだか数秒の生フェラでも、クラミジアは非常に感染力が強いので要注意!もし生フェラ洗礼を受けてしまった場合、尿道への菌の進入を防ぐ為にすぐに排尿することをオススメします。(ただし完全なクラミジア予防にはなりませんが。)

またデリヘル選びの際もコスパ重視ではなく、お店の衛生対策の力の入れ具合も加味しなければなりません。高級店になればなるほどお店の衛生対策、女性の性病知識に客層が相対的に向上する点も覚えておきましょう。

もし不安な時があるならば、パートナーへの感染を防ぐ為にも、クリニックへの受診またはオンライン購入可能なキットで簡易チェックをすることもオススメです。

風俗嬢・業界人も参加する風俗Q&Aサイト

デリヘル嬢の本音やデリヘルのマナー・ルールを気軽に質問できる、風俗専用Q&A掲示板誕生!早速どんな質問と回答があるのか見に行ってみよう。

風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

このホテル、デリヘル呼べる?呼べない?デリヘルユーザーのためのホテルデータベースサイト

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース