1. 初心者デリヘル遊びのすすめ TOP /
  2. デリヘル嬢はどの位の頻度で性病検査をする? /
  3. キスでも感染する性病はあるの? /
  4. 高級デリヘルで性病罹患が少ない理由 /
  5. 生フェラで感染する性病とは? /
  6. 鼻が落ちる?梅毒の症状と感染経路 /
  7. 風俗感染者多数!梅毒の症状と感染防止法 /
  8. コンドーム着用でも100%性病は防げない?! /
  9. HIVの重複感染を防ぐ為にできること /
  10. コロナウイルスとデリヘルの関係性/
  11. デリヘルで性病はうつるの?/
  12. 性病はどうやったら防げるの? /
  13. 性病の種類と症状について /

防ごう!知っておきたい性病の知識

予性病感染は自己責任!だからこそデリヘル利用時に徹底したいのが性病感染対策についてです。

ひと時の甘いベッドタイムが命取になる。少し大げさに聞こえますが、デリヘルのような人気性風俗店を利用する際にはそれなりの覚悟と対策が必要になります。

今回はお客サイドに加えて、お店、デリヘル嬢の性病感染対策そして働く上で必須の性病検査についてをピックアップ。果たしてデリヘル女性はどの程度の頻度で性病検査をしているのでしょうか?

デリヘル呼び方マニュアルサイト

デリヘルの呼び方ならココ!デリヘル体験談からデリヘル嬢の本音インタビューまで、デリヘルのすべてがココにあり。

デリヘルは全然難しくない!詳しくはココから↓

最強!デリヘル呼び方マニュアル

お店によって異なる性病対策指針

デリヘル嬢が受ける性病検査についてですが、お店によっても衛生対策、検査の方針は異なります。

デリヘルのように比較的回転率が良く、性風俗業界でも利用者数が多い業種では、一般的にはお店主導の性病感染対策がきちんと講じられています。

通常月に1~2回の性病検査が推称されていますが、必ずしも女性キャスト全員が漏れなく検査をしているとは限りません

その理由としてはお店のスタンスにより性病検査が義務ではなく、あくまで自主性に任せるお店もあれば、希望者のみが性病検査を受けられるなどムラがあるからです。

衛生対策、性病検査の定期健診などは、基本的にお店の方針次第という面が強い為、遊ぶ側も働く側もお店選びには慎重になる必要があります

女性の性病検査は基本実費!?

デリヘル嬢の性病検査の実態についてですが、最も危惧しなければならないのが多くのデリヘル店が女性の実費になることが多い点です。

毎月複数回の性病検査をお店のキャスト全員が漏れなく受けている店舗は、検査費用を全額お店負担もしくは一部を負担しているところ。

お客サイドからはなかなか見えにくい性病検査の実態ですが、基本的に多くの高級店やチェーン店舗では全額負担の衛生対策をしているので、女性負担が少なくなっています。

中には定期健診を実施する性病クリニック、病院と連携しているデリヘル店舗もあるので、女性の立場に立ったバックアップ体制が整っているお店は比較的安心して遊べると言えるでしょう。

女性だけによらない!男性がすべき対策とは

くどいようですが、デリヘル女性がどの程度の頻度で性病検査をしているのか否かは私達男性からはわかりません。

実際各お店のWEBに「充実した衛生対策を実施」と記載していても、蓋を開けてみたらグリンスにイソジン、コンドームの配布のみで完結というパターン。もしくは性病検査全額自己負担のお店などは、そもそもお店として取り組むべき性病知識の啓蒙や教育自体がうやむやになっているところもあるのです。

だからこそ男性自身ができるプレイの予防対策をしっかり行うことも大切です。意識すべき点は、

①粘膜の接触は極力避ける
②フェラの際はコンドーム着用
②なるべく大衆上の高級店を利用する
④連携クリニックを持つ大手デリヘル店を使う

などを徹底すべきです。

デリヘル嬢の性病対策は世間が求めるほど均一的ではなく、まだまだ放任な部分が多いので、お店の管理に期待をするのではなく、自分ができる性病対策をきちんと行うことが大切になってきます。

風俗嬢・業界人も参加する風俗Q&Aサイト

デリヘル嬢の本音やデリヘルのマナー・ルールを気軽に質問できる、風俗専用Q&A掲示板誕生!早速どんな質問と回答があるのか見に行ってみよう。

風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

このホテル、デリヘル呼べる?呼べない?デリヘルユーザーのためのホテルデータベースサイト

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース